半端ヲタの記録

おいおい追記していくよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【T&B】世界の国から守るンジャー その2

北米版TIGER & BUNNYのオンエアで盛り上がっておりますが、
今回はファンサブのお話し。

あからさまに非公式なものが元ネタですので、全てにおいて制作会社は一切関係がありません。
ということで今回もブートレグで申し訳ない。

先日、感動するファンサブを付けてるところがあったけど見失っちゃったよ―。ということを書いたのですが、何やら見つかったのでそれを。

イワン・カレリンお当番回の名シーン と、なっているこちら。


【T&B】世界の国から守るンジャー その2

日本語のセリフは「エドワードは僕が守る、僕が守るんだ!」です。

しかしながらこのファンサブでは

I'll protect Edward! I'm going to protect him!
 
となっております。
一度目は「will」、二度目は「be going to」になってます。なんでか。

ネイティブにとって、willとgoing toの違いはなんでしょう?
http://www.eigowithluke.com/2011/02/will-and-going-to/ 
より抜粋すると

計画を決めている時点では、「will」を使います。
計画を決めたら、「be going to」を使います

 だそうです。

ということは

エドワードは僕が守る 
I'll protect Edward! 
←今この時点での意思表示

僕が守るんだ! 
I'm going to protect him! 
←自分の中で決定した事項

何度も8話を見てるキt・・・じゃない、熱心なファンには説明するまでもありませんが、
「守る」と、「守るんだ!」の間に、イワンは一瞬、視線を下に向けるんですよね。
【T&B】世界の国から守るンジャー その2
↑ココ。

あの一瞬間に、イワンは自分の意思を堅くした・・・とファンサブ作成者は解釈をしたわけです。


なにそれもえる。

というお話しでした。
関連記事

テーマ:TIGER & BUNNY - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/04/29(月) 04:14:27|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nullwota.blog18.fc2.com/tb.php/179-b42c4dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。