半端ヲタの記録

おいおい追記していくよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[映画] 「VHSテープを巻き戻せ!」 を観た

本日はシネマカリテのイベント「カリコレ」にて、「VHSテープを巻き戻せ!(原題 REWIND THIS! )」を鑑賞。
[映画] 「VHSテープを巻き戻せ!」 を観た

シネマカリテの作品解説より。

VHS vs ベータ戦争! ポルノの一般家庭への襲来! 野放し状態の海賊版! …ホームビデオ革命は僕たちと映画の関係を永久に変えた! 映画ファン必見! の愛すべきドキュメンタリー。


会場で配布していたイベントのリーフレットに、出演者:押井守とあって

何で押井守?と、気になって観に行ったんですが、
「ひとつのメディア史」として充分に楽しめました。

ビデオデッキが登場したことによる映画会社の困惑、ベータとVHSのシェア争い、
芸能界への影響、アダルトメディア、海賊版などなど、「ビデオを取り巻いた環境」について
まんべんなくピックアップ。

内容のほとんどがアメリカと日本でのインタビューで、何で日本?と思ったのですが
そもそもベータのテープが日本からだったのね…。

押井守は初めての「ビデオアニメ(いわゆるOVA)」を制作した人として登場。
面白いのがアダルトメディアとしての制作者もインタビューされているので
バクシーシ山下監督も登場してて、
この二人が一本の映画に押し込められてるのを見ただけで価値あったなー。

オープニングのタイトルロゴがイカニモ80年代なフォント、
作中の音楽も「いかにもシンセサイザーでーす」という具合で、
そういうところに刺激を感じるタイプとしてはニヤニヤが止まらない。
自分が行った回は、上映終了後に監督が登壇し(!)客席からの質問に答えるトークコーナーが!
(それを知らずに行ったのですごくお得な気分に。)

客席からの質問で面白かったのは
「作中には多くのビデオテープコレクターが登場しますが、日米のコレクターに共通するものはありますか」
→「日本のコレクターは几帳面だなと思いました」「日本のコレクターは壁に(テープを)積み上げない」
 監督!それ、日本は地震があるから!あと湿気でテープがダメになるから箱に入れて保管する人が多いんじゃないかとか口挟みそうになった。

10年位前?もうちょっと前?くらいに、大川興業のトークライブで
大川総裁がVシネマについて語るイベントがあったのですが
それが「渦中からの視点」だとしたら、この映画は「終焉を外から見た視点」かなと。

シネマカリテのFacebookページに、(自分が行った回とは違うのですが)この監督が登壇した回のレポートが簡単に掲載されているので、ぜひ雰囲気だけでも…。
https://www.facebook.com/qualicolle/posts/764187453626339
[映画] VHSテープを巻き戻せ!


「最初のVHS体験は『グレムリン2』で、
7才の頃にどうしても劇場で『グレムリン2』が観たくて母親にねだったところ、
職場の同僚がプレゼントしてくれました。
手書きで『グレムリン2』と書いており、いわゆる海賊版でしたが、

その時は母親もそんなこと自体知しませんでした。
その後、正式にVHSになるまでに100回は観ました。」


なんというゆるい時代だ!w


いや~しかしカリコレの1000円チケット3枚綴り×2冊買ったけど、見事に使いきったわ~…。
都合さえ合えばあと2本くらい見たいのがあったので、来年以降も是非!!!!
続けてほしいイベントです。

関連記事
爽やかゾンビ映画「カリフォルニア・ゾンビ逃避行」
 http://nullwota.blog18.fc2.com/blog-entry-293.html

ひどいぞ!「メガ・シャークVSメカ・シャーク」
 http://nullwota.blog18.fc2.com/blog-entry-293.html
関連記事

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/10(火) 02:50:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nullwota.blog18.fc2.com/tb.php/300-29b95754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。