半端ヲタの記録

おいおい追記していくよ

[映画] ハードコア すぐ観に行くべき

超面白かった…!

http://hardcore-eiga.com/
[映画] ハードコア すぐ観に行くべき


映画史上誰も実現してないことをやってる。と監督が言ってたけど、
本当だと思う。中だるみゼロで一気に楽しめた作品。
音楽も痛快!って使い方してくれるし、小難しい映画評論家も黙らせるような題材も
スッと差し込んできてるし。スキがない!

鑑賞した後、しばらく「おもしろかった~…」しか口から出なかった笑

「あんまり期待してなかったから、掘り出し物見つけた気分〜〜」っていう映画は
ちょこちょこあって、嬉しいもんなんだけど
期待もしてたし期待以上のを見てしまった。という高揚感はたまらんね笑
多分これが映画のシャブい面なんだろうな。

他作品を引き合いに出して申し訳ないんだけど、ボヘミアン・ラプソディをバックに敵を撃ちまくってた
とあるアメコミ映画作品、予告から想像した映画は!コレだったの!
「ハードコア」だったの!

……そして、先にこれやられて攻殻機動隊は大丈夫なの?超えられる?って不安になった。
予告で見る限り、肌色タイツアクションだけの映画にしか見えなくてさ。

「FPSゲームとか〜ミリタリとか好きです〜」言うてる人、
ハードコア観てないと今後モグリ扱いされるんじゃないかな。と、本気で思う。
それくらい、お好きな人のツボを確実に押し込んでくる作品。

自分は極端な近眼なためVRゲームやるとだいたい一時間くらいは安静にするレベルで酔うので、
今回の映画はFPS視点で画面ブレるだろうし、酔うかも?という懸念は少しありました…が、

全然平気だった。

“酔わないライン” が分かって作られてるー!ってテンション高く見れた。これはビックリ。

けどTwitterを眺めてると酔ってる人、いるみたいですね。
そういう人のツイートを見ていると、ゴア描写もキツかった。て人も多くて、
ああ~…その人はそこで、既に心が作品から引いてしまったんだろ~な~……。

「うおーっここなら?!走れ!走る!走る!飛べ!飛んだぁー!」みたいな
(自分の)心の実況と、スクリーンに流れる内容がシンクロしてたから私は酔わなかったのか!という結論。


このパンフレットの表紙からしてもう、素晴らしいよ…… もっかい観に行こ……
[映画] ハードコア すぐ観に行くべき


じゃあ日本版タイトルが「ハードコア」だったのは、本当に付けたかったタイトルだったのね。

そしてこのビジュアル。

おそロシア。

最初にふれた、監督のインタビューはこちらで読めます。
革命的一人称視点映画『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督にインタビュー:「映画史上誰も実現していないことがいくつかある作品だと思う」|ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp/2017/03/hardcore-ilya-naishuller-interview.html
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/01(土) 22:49:59|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nullwota.blog18.fc2.com/tb.php/394-bdd07846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad